あなたは洗脳されている!テレビも医者も栄養士も馬鹿ばかり!医者に殺される前に読んだあなたはラッキーです。西洋医学があなたを騙し、東洋医学があなたを救う!

もうテレビを信用するのはやめよう!武田邦彦 悪玉コレステロール・高血圧・熱中症の原因のウソ

トランス脂肪酸よりもテレビを止めよう 武田邦昭13:40

人生の設計つうのは少し長いものを考えてたんですけど、ちょうど今日、昨日ですかね、アメリカでトランス脂肪酸が全廃というか、全面禁止といいますか、添加禁止といいますか、そういうのになりましたので、ちょっと、人生の設計番外編でですね、この問題を一部ですけども書くことにいたしました。

かつて、植物がいいとか言われた時代もあり、また私の若いころはバターよりもマーガリンがいいなんて言われてですね、バターにしたりマーガリンにしたり、もう右往左往したわけですけれども、これは何だったんでしょうかね。例えば冷蔵庫に入れておいても柔らかいマーガリンなんていうのはですね、これは天然のものじゃないから、よっぽどその、冷蔵庫に入れてても柔らかいマーガリンと健康の関係を調べてから発売して欲しいんですけどもいい加減なとこで発売するもんですから、やっぱり後で健康の問題が注意されたりするわけですね。

今度アメリカがトランス脂肪酸を全廃するという発表をしました。この全廃っていうふうに書いてあったんでそのままなんですが、全廃といっても食品の中にトランス脂肪酸つうのは普通に入ってるものでもあるので、量が少ないということですね。それでまああの、おおよそは知ってたんですけどもこういうこともあったんでちょっトランス脂肪酸と健康の論文なんか読んでみますと、非常に複雑でですね、かなりの生理学を知っていて科学論文も読めて、生活がトランス脂肪酸のことだけを専門にしてるっていう生活ならいいんですけども、我々のように他のことやってる人は到底参考になるとは言えませんでしたね。

説明もまた複雑なんですよ。やっぱりこう、責任逃れをしたいとか色んな気持ちがあるんでしょうね。それからまたその中にトランス脂肪酸がそういった悪玉コレステロールを作るとかなんとかまた怪しげなことが書いてありましてね、それも問題だと思います。

このブログではコレステロールショックとか血圧と塩の関係が怪しいというようなことを書いてるわけですが、ちょっと今度このトランス脂肪酸のことがありまして、まずは、どうしたらいいかということを割合簡単に書いてみたいと思います。

まず第一の大原則はですね、トランス脂肪酸が健康に悪いと今言われて、全廃になるわけですが、そう言われても、かつ、コレステロールがどうのこうのという自体ですね、実は栄養とか食と健康の関係ってはっきりしてないんですよ。ですから、より良い方向がどっちかすらわかんないんすよね。実は血圧が高い方がいいか低いほうがいいのかもわかんないし、コレステロールが多いほうがいいか低い方がいいかもわかんないんですよ。これほど言われてたことがそうなんですからトラン脂肪酸もまあ似てるんですね。

私は実はヘルシーというものを放送されるときに、ニュース解説なんかで一緒に横にいますとですね、私はやめてくれって時々言うんですね。どの食が、例えば減塩食がヘルシーだとか、それから脂肪の少ないものがヘルシーだってことないんですよね。

例えばあの、体重が重たくて少し軽くしようとしてる人にとってはこれがいいっていうことはありますよ。まあだから、みのもんたさんが何かテレビで、2リットル健康法、水ですね。水を飲もうっつうのも、悪くはないんですが、やっぱり水を2リットル飲むと病気する人もいるんですよ。それはまあ、人間ですからね。だかたヘルシー食と言われるもののほとんどは私のみるところ自分の趣味、その言う人の趣味や思い込み程度のもんですね。

例えば、生野菜がいいなんて言ってる人いるんですけれども、その人に生野菜って本当にいいんですか、どこにデータがあるんですかっていったら自分がどうも調子がいい、っていう、そういうのが多いんですね。自分は自分でご自分はその人は生野菜を食べられればいいんだけど、他の人に勧める、例えばテレビとかね、まあお酒の席で隣の友達に勧めるのはいいけど、ちょっとどうかなと思いますね。

で、しかもこの世の中は体が元気な人だけではないんですよ。体の元気な人はね、ちょっとくらい食事を変えたってどうってことないですけど体が弱い人もおられるんで、その、水を2リットル飲んだら本当に病気になっちゃう人いるんですよね。だからいい加減なこと言っちゃいけないわけです。まして薬が売れるから、などといって血圧の基準を下げるなんてのはもう、本当に言語道断なんですね。

そういうことで、私達は私達国民同士で身を守ると。そんなもう、厚労省とか全然あてにならないということはもう、今明らかになったし、こういう事態になっても厚労省は1回も謝ってもいませんから。役人は謝らないんだつったってやっぱり限度がありますよ。間違ったらあやまんないといけません。

ほれでちょっと指針なんですが、これはあの、まず間違いない指針なんですよ。というのは、今までの学問というか医療を全部合計してっていうことですからね。まず第一に、トランス脂肪酸もはじめ、脂身のもの、辛いもの、ケーキ、こういった健康に悪いと言われてるものですね、の中に、これが悪い、と断定できるものはあまりありません。

むしろ自分の好きな味は全て自分の体にあっているというのが第一原則です。これ原則ですよ。まず第一に、何が悪いかにが悪いつうんじゃなくて、自分の好きな味は全て、基本的には自分の体にあっているということなんですね。味覚というのは、自分の体が選ぶものであって、ちょっと古いものとか腐ったものが、臭かったりまずかったりするのはそのために存在します。まずこれが第一ですね。これも非常に重要です。

それから第二はもう絶対にテレビの言うことを信用しないということですね。もうテレビはね、先週もなんかあるテレビでですね、出演する人が僕んとこにちょっと寄ってきて、先生、今日これをやらされるんですよ。じつは嫌なんですけどね、とこう言うんですよ。なぜかったらテレビ局が視聴率を上げるために勝手にやらせるんですね。だからまあ、先生方、おとなしい先生がいるからまあそう言うならそうやろうかってなっちゃうんですね。

例えば最近、毎日のように放送している、熱中症を防ぐために水を飲みましょうとこれ間違ってますよね。当たり前ですけど。熱中症にならないためには、年齢によって違いますね。子どもは暑い外とか体育館で遊ばないこと。成人は全然違うんですね。普通の場合は大丈夫なんですが灼熱のところで仕事をしない。道路工事とかそういうのですね。老人はまた全然また違って、部屋にいるときはエアコンをちゃんと使ってあまり暑いのをガマンしない。ということなんですね。水ではありません。水は喉がからからに乾かないように、水を適当に飲むっちゅう当たり前のことですね。

これはあの、もう既に3回ぐらいにわたって書いたんですがもう一回書こうと思ってます。つまり熱中症になるっていうのはですね、水が足りないからじゃないんですよ。水、喉が乾いても水を飲まない状態が続くので、皮膚表面から水が蒸発するのが多くなりすぎて脱水症になったり逆に水が蒸発しないような状態になって、熱が体内にこもると。こういうこといにょって起こることですから、水を飲めば熱中症にならないなんていうのはもう全くテレビおかしいんですね。

この前NHKかなんか、定期的に水を飲みましょうとかいってペットボトルを持ってた人があのあれ、2リットルぐらいになっちゃうんですよ、500ccのペットボトルを一日4本も飲みゃあ2リットルだから病気になっちゃいますからね。これもそうですね。それから、だからテレビ、熱中症のことは別にしてテレビのいうことは絶対もう信用しないということですね。

第三は、私達は日本人なんで、実は我々の体は日本人にできてるんですね。例えばお酒を飲める人は6割しかいない、自然とですよ。赤ちゃんの時、赤ちゃん時からっていうか小さい時から飲もうと思ったら飲める人は6割しかいない。これはもう世界で特別に少ないんですね。それから、水銀にちょっと強いっていうこともありますし、日本人としての特徴があるんですね。

ですから日本の伝統的な食事ですね。ご飯とお味噌汁、お魚、煮物、おひたし、香の物。こいったものを中心とした食事から大きく離れないってことなんですよ。大きく離れないって難しいですね。大体7割ぐらいがこのくらいの感じじゃないすかね。

半分ちょっと、は、ご飯お味噌汁、お魚、煮物、おひたし、香の物、あたりを中心の。もちろんこれ全部いるわけじゃないですよ。たとえば僕だったら魚を食べるときは魚と、僕はやや魚と漬物はいつも食べることにしてるんですけどね。

漬物を最後ちょっと取って、ご飯を食べるというのもいいんですね。それから最近、炭水化物食べちゃダメだってご飯たべない人いるんですけども、もちろんデータを見ますとかなりしっかりしてるんで、僕も炭水化物についてはもう一回考えなおさないけないなと思ってるけども、やっぱりご飯は基本ですからね。僕だったらこれは7割ぐらい。つまり日本人は日本人だっていうことなんですよ。単に。

それから第四に、これと反することですね。そうはいっても寿命が長くなってるので、肉や洋食を織り交ぜるっていう感じですね。ま、2、3割。たとえば私だったら朝は結構パンが好きなんで、パンを食べて、目玉焼きに少しソーセージみたいなものを少し入れて、目玉焼きを作って、食べるというような洋食風のものですね。それから焼き肉なんて私、好きなんで焼き肉を食べる。

焼き肉もですね、毎日毎日じゃやっぱり日本人ちょっとマズイんですよ。腸の長さとかそういうのも全部ありますからね、日本人の。ですから日本人の腸の長さって肉に合ってないんですよ。そりゃそうですからね。ですからまあ肉つうのは別にサーロインステーキでもヒレステーキでもいいし、それから鳥でも、鳥はですね、何も別にささみじゃなくても良くて、脂が入ったとこでもいいんですね。

それはどうしてかっていうとアメリカ人と日本人は違うんですよ。アメリカがトランス脂肪酸をやめたから日本もトランス脂肪酸やめなきゃいけないということはないんですよ。やっぱり日本人の多くは、肉と洋食が少ないんですね。だからまあ例えば日本食が7割、洋食が3割ぐらいだったらば、そこにあるトランス脂肪酸だとか脂肪だとか、そういうものはほとんど問題がないと思いますね。むしろ動物性の脂肪の方がどっちかったら良いっていう感じです。

それからまあ私の場合ですけどもそれ、皆さんにご推薦するのはやっぱり、食べる量とか、塩辛いものを減らすとかいうんじゃなくて、そういうあの、原始的っていいますかね、原因のほうじゃなくて結果のほうをチェックするってことですね。どれもこれもチェックするわけにいきませんから家庭で安く簡単にチェックできるつったらやっぱり体重と血圧なんですよ。

ですからまあ僕の場合は体重はここ40年間60キロから62キロとピッターっとなってるんですね。62キロを少し超えますと、少し食べるものを制限します。まあ1ヶ月に1回、気が向いたら、あんまり気になる時もあるんですけどそうするとまあ風呂場の横に体重計を置いといて一週間にいっぺんぐらい測ってるわけですね。血圧計は測ろう測ろうと思うけどめんどくさいんですけども、まあ簡易型の血圧計がありましてね、指のものはちょっとなんか不安定な感じがしますね。やっぱり腕に巻く方がいいんですけども、簡単に安い値段で買えますからね。で、体重と血圧を一応定期的にチェックし、平均に合わせないっていうことですね。

自分の長い、例えばだからまあ、お子さんがおられたらお子さんのうちから体重と血圧測っといて、ちょっと痩せ型で血圧が低めの人とか、それから太り気味で血圧が高めの人っていますからね、それぞれ。その自分の値をなんとなくわかっているということがなんとなく大切ですね。それでお医者さんに行ってもちょっと血圧高めですね。って言われても、私、20代から140くらいあるんですけど、ちょっと高いんじゃないですか、私の体質が、というようなことを言えるようになっとく。自分の体ですからね。

おおよそ自分の体重と血圧が一定になるように努力し、もちろん当たり前ですが適度な運動と、まあ日光浴なんかも少しは必要で、それからまあもちろん、気晴らしもすると。いうことをおすすめしようと思います。まあいずれにしても、今日お話したいのはトランス脂肪酸が、全廃になったからトランス脂肪酸をやめる、とかそういうんじゃなくて、自分のまず舌、味を、味に対する信頼性を上げてですね、まあ自分の体に合ったものは自分がおそらく好きな味であるということですね。

テレビのことを絶対信用しないということですね。これだけ嘘をう言い続けましたからね、やっぱり信用しちゃいけません。それから、日本食が7、洋食が3っていうぐらいですかね、これも人によって違いますよ。日本食が非常に合う人と、洋食ちょっと食べると嫌んなるっていう人もいますからね。それから洋食が比較的好きだっていう人もいますから、比率はその人によって決めるんですが、やっぱり日本人の体は日本食にできているっていうことが確かなんですね。

それから、アウトプットっていうんですけど、体重とか血圧を測って、だいたい自分が元気なころ、できれば、もう今さらそんなことできないって言われちゃいますが、20歳とか30歳だったころですね、つまり元気だった頃、自分は太り気味なのか痩せ気味なのか、血圧が高いのか低いのかを把握しといて、お子さんがおられたら絶対やらせといたらいいと思うんですね。それで健康が気になる40とか50なった時に、自分は小太りくらいで血圧が少し低めなのが正常だとかいうのがわかってますからね。だからそういうことで、生活をしていく。だいたい自分の健康をね、他人に任せるのがいけないんで。やっぱり体重と血圧ぐらいはチェックしながら、自分の舌に、こう自信をもって、やっていくということをまずはおすすめしたいと思います。熱中症なんか非常にあの、トリックが多いですからまたそれも、書いてきたいと思ってます。


このブログの著者はこちら!フォロー大歓迎です^^♫
↓ ↓ ↓
やすボーイ
★私のプロフィール:松本 康男(やすボーイ)大阪在住のフリープログラマー。ちょっとしたことから体調を壊してしまい・・ずっと治らない日々が続く。そんな中、奇跡的に日本一の中医学の先生に出会う。その情報を元に「東洋医学健康アドバイザー」としてFBで情報発信すると、またたく間に大人気に!!お友達5000人フォロワー数10,750人・さらには、Facebook日本人気ユーザーランキング280位に至る!TV・マスコミ・新聞などの歪んだ噓の情報ではなく、真実の情報をあなたにお伝えしています。

本当の情報を知りたい人だけ、こちらから私のFBをフォローして下さい
フォローはこちら!

Instagramのフォローはこちらできます。
こちらから!

★facebookやtwitterでのシェアやRTも大歓迎です^^♫

Share on Facebook Share on Twitter
このブログや記事に共感してくれたあなたへ^^
私の無料健康メルマガへのお誘いです^^下からどうぞ ↓ ↓

↑ ↑ コチラからどうぞ!! ↑ ↑

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

  私の健康メルマガ登録はこちらから!

↓ ↓ ↓
メルマガ登録
2018年9月
« 8月    
 12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930

analitics