あなたは洗脳されている!テレビも医者も栄養士も馬鹿ばかり!医者に殺される前に読んだあなたはラッキーです。西洋医学があなたを騙し、東洋医学があなたを救う!

1日1食であなたも20歳若返る!更に癌も治るファスティング(断食)のbefore→after 船瀬俊介さんのお話。

1日1食でガンも治る ファスティングbefore /after 船瀬俊介 7:09

船瀬:さぁ!そこでね、じゃあこのちょっと…。
映像的にこれやるの、あたし…。
これ、あんた、船瀬さん、ipad使えるようになったきね!

会場:(笑)

船瀬:さぁ、ここはすごいぞ!
じゃん!
さぁ!これがね、アンナちゃん。
これがね、37歳のナガシマアンナちゃん。
美人だろ?
左これ…あの…短大の入学式に付き添ったお母さん!

会場:(笑)

船瀬:(笑)
に見えるよね!?

会場:あっ37歳…

船瀬:半年位でこんくらい変わるんだよ!
ファスティングで。すごいだろ!?
だから…うん!
光文社でね「超小食!女は二十歳若返る」って本、出ますから。
完全に親子でしょ!同一人物だからね!
ビフォーアフターだからね。
わかる?
もっとすごいぞ、これがね、すごいんだ!
じゃん!美人だね!アンナちゃん。
今度会おうね(笑)

会場:(笑)

船瀬:不適切発言。
だって「船瀬先生のファンです。」って。
私の影響で始めたんだよ、ファスティング。
はい!えー…左はパス!右はOK。
これ同一人物です。
ファスティング4回やってね。
だから、ありがたいよね、ちゃんと写真提供してくれて。
ほらぁ!全然若返るでしょ!
二十歳若返るんだよ。

あ、これはね、マツモトタカコさん。
よく出してくれました!

会場:(笑)

船瀬:42歳。
えー…食べたいだけ食べて…
糖尿病で5年以内に死ぬ!って言われた!
それで焦った!
さぁ!そこからがすごいんだ!
いいか!?心の準備をしろよ!

会場:(笑)

船瀬:じゃん!

会場:わ!えー!

船瀬:同一人物だよ!
じゃあもう一回戻ろうか。じゃん!

会場:えー…

船瀬:じゃん!
こんっだけチャーミングで、セクシーで、若返るんだよ。
すごいだろ!だから、ファスティングで…
これが再生医療なんだよ!
再生は、論より証拠だ!
東京大学、かかってこいや!
山中教授こい、こらぁ!

会場:(笑)

船瀬:この方はワンさん。
たった3ヶ月で、お母さんが末の娘…
どう見たってちょっと気の強いお母さんでしょ、左が。
で、この子が、末の娘じゃん。
同じ人物だよ?(笑)
3ヶ月でさ、70kgが54kgになったんだ。
みんなね、若返って、チャーミングになるんですよ。
すごいねー。
この方は…いいか?
ファスティングやって、こんだけ美人になっちゃった。

会場:えー…!

船瀬:えー…チバ…チバアツコさんかな?
この方も…42ぐらい。あ、47か、このときが。
で、今は53。
美魔女コンテストで入賞。
すごいねー!

じゃん!
これが、アンザイヒロコさんっていう、
やっぱり、ファスティングインストラクターで。
この方も、ご自身が45歳で60kgだったのが、じゃん!
スラッとなった。8kg減。
47歳、このときね。
すごいでしょ?
どっちがいい?こっちでしょ、やっぱり。

会場:(笑)

船瀬:あっそう(笑)
あ、これが…今日…あの…オオサワチアキちゃん。
来てますよ。
このときはね、あの…ほんと脳腫瘍患ったりして、
大変な苦労してたときでね。
この方がよ、今日来て挨拶してもらおうか?
いいか?いくぞ!
せーのっそれ!
じゃん!

会場:えー…

船瀬:これはね、アフターがあってビフォーがないんですよ。
だけど、ものすごくチャーミングでしょ?
日本女性って美しいよなぁ。
アンジェリーナ・ジョリーより、こっちだと思うよ。

会場:(笑)

船瀬:ねぇ!
日本女性って、こんだけ美しくてチャーミングだって、
みなさん、男性陣も、あの…自信持ってください。

で、この方はね、マサキさんっていう
あの…私の船瀬図書館やってくれてる方。
32歳の…マサキ…ジェネス…ブラジルにずっといた。
この方は、ブラジルで…あの…デブの大国のブラジルで、
食いたいだけ食ったと。

会場:(笑)

船瀬:で、身長145cm。小柄。
「チビデブになりました。」って言って。
で、この人が半年でどう変わったか。
いいか?ちょっと、瞬きしちゃダメだよ!
じゃん!
あ!これは!(笑)

会場:(笑)

船瀬:まだ変わってない(笑)
すごいね!(笑)
すごいでしょ、これ!
これが、どう変わったか!
瞬きしちゃダメだよ!
じゃん!

会場:えっ…

船瀬:すごいでしょ?
これが…ファスティングだよ!
体重40kg、20kg減らした。
はいっこんだけ減りましたって。

会場:えー…

船瀬:信じられる?半年で!
すごいだろ!
だからね…こんだけチャーミングになって…32歳。
みんなチャーミングなんだよ。
この方も、こんだけ可愛くなっちゃった。
みんな、可愛くなっちゃうんだよ。

あ、この方はすごい!キクナガさん。
37歳の主婦。
お腹にね、デスモイド腫瘍という、直径10cmのガンができた。

「船瀬さんが命の恩人です。」
「どうして?」
「船瀬さんのYouTube見て、抗がん剤で殺される…」
だから、絶対やめようと思ったんだって。

そしたら、その1ヶ月後に東大病院に行ったら、
これはガンです!すぐ抗がん剤、手術、放射線って言われたから、
キクナガさんは、頭のいい奥さん。
「拒否しますっ!」て言ったんだよ。
東大医学部助教授だぞ、相手は。

会場:東大…

船瀬:「なんで治すんですか!」
「自分で治します!」って言ったんだよ!えらい!
「なにで治すんですか!」
「ファスティングで治します!」
そしたら助教授が、
「ファスティングって…!何ですか…!」って…(笑)

会場:(笑)

船瀬:「断食で治します!」って。
「餓死します!!」って、もうすごいね!
断食で「餓死します!」って、
助教授が叫んだってんだよ。

しかし彼女は、決然とファスティングを3、4回…4回やった。
見て!半年でみるみる減って…
半年…6ヶ月で、直径10cmのガンが、消滅したんです。

会場:ふーん…

船瀬:これが直径10cmのガン…。
じゃん!ほら、完璧に消えた。
デトックスしたんです。すごいだろ?

だから…あ、これはね、あの…ミネシンゴくん。
34歳。すごいね。
最初にこれ、会ったとき、彼に会って、
「15歳の高校生?」って聞いたくらいです。
そしたら、34歳。びっくりしました。
すごいね!右なんか、もう韓流スターじゃん!
男性軍ってこうなる。

あ、これはミウラ…ミウラリュウスケさんっていう…
やっぱり会社の社長だけど、
結構メタボ。左に写ってるの、船瀬さん。
で、船瀬さんの一日一食に影響受けてやるって、
-13kg、体脂肪-6.9。
で、じゃん!
今ね、男性雑誌の専属モデルやってます。
ね!
bodyfat、体脂肪

でね、そんでね、すごいなと思うのは、
例えばお猿さんもそうね。
ほら、これウィスコンシン大学の有名な実験だけど。
だから、カロリー7割に制限したら、若いでしょ?
満腹に食った右なんなん、これ!

会場:(笑)

船瀬:「わしゃもう、あかんで~」ってか(笑)

会場:(笑)

船瀬:まぁそういうことよ(笑)

まぁ、そういうことで、
あとは懇親会来れる方は、楽しみにしてください。
どうもありがとうございました。


このブログの著者はこちら!フォロー大歓迎です^^♫
↓ ↓ ↓
やすボーイ ★私のプロフィール:松本 康男(やすボーイ)大阪在住のフリープログラマー。ちょっとしたことから体調を壊してしまい・・ずっと治らない日々が続く。そんな中、奇跡的に日本一の中医学の先生に出会う。その情報を元に「東洋医学健康アドバイザー」としてFBで情報発信すると、またたく間に大人気に!!お友達5000人フォロワー数10,750人・さらには、Facebook日本人気ユーザーランキング280位に至る!TV・マスコミ・新聞などの歪んだ噓の情報ではなく、真実の情報をあなたにお伝えしています。

本当の情報を知りたい人だけ、こちらからフォローして下さい
フォローはこちら!

★facebookやtwitterでのシェアやRTも大歓迎です^^♫

Share on Facebook Share on Twitter
このブログや記事に共感してくれたあなたへ^^
私の健康メルマガのお誘いです^^下からどうぞ

↑ ↑ コチラからどうぞ!! ↑ ↑

関連記事

コメント

    • とくめい
    • 2018年 5月 10日

    夕食のみの「1日1食健康法」を実施していると「職場で昼食を食べない」ために「職務放棄とみなされ減給処分などの冷遇をうける」、「昼食をしながら仕事の打ち合わせなども行うため不愉快扱いされ職場にいられなくなる」、「昼食を抜くため職場で仲間はずれにされる」のでいっそのこと「午前はA会社、午後はB会社のダブルワーク」などの苦労が発生。
    「午前と午後でダブルワーク」のため「非正規のパートで働く時間もお昼に移動時間が必要なため労働時間が6時間から7時間しか働けない短時間勤務となり収入は普通の人より少ない苦労を抱える」。夕食のみの「1日1食健康法」を実施するためには「労働時間が短くなる」、「お昼に別の会社に移動する時間が発生する」、「午前と午後で別会社でのダブルワークのため正社員につけない」など「大変苦労します」。「健康を手に入れるには大変な試練を受けなければなりません」。厚生労働省が「いい加減な健康法」の「1日3食」を強制し「ごはんを残してはいけません」と洗脳することで「世間のみんな」から「1日1食実施者」は「非国民扱いされ大変苦労しています」。「1日3食」は権力者が「お金儲け」の目的でつくった「システム」で「健康を考えていません」から「病院」ができたのです。「1日1食」は風当りが大変強く、「厚生労働省の敵」ですが、「少数派の支持者が1人でも存在する限り」「生存できるよう」に「社会システムを作ってください」。「昼食を抜く」ことで「正午になるといやがらせを受けることをさける」ため「午前中はA会社で勤務して、午後はB会社で勤務するダブルワーク」をするため「職場を2つに分ける必要がある点」と「お昼の移動時間が余分に発生する点」で「8時間勤務が難しくなり6~7時間勤務となる点」、「正社員になれず非正規で働くしかなくなる点」、「給料が非正規で少なくなる点」を考慮してほしい。
    「日本では権力者の敷いたレールからはみ出す者がどれだけ苦労するか」、「権力者のシステムが合わない者がどれほど苦労するか」を真剣に考えてくださいね。「一様の社会づくり」が「どれだけの人を苦しめているか」も。「~をしなければならない」が「いかに迷惑か」を。「自殺大国ニッポン」を作っているのは「様々な制度、規則、法律」なのかもしれませんね。「偉そうに規則に従いましょう」と言っているが「規則」こそ「最大の悪」かもしれませんね。「東京大学名誉教授」の「加藤寛一郎先生」のあり難い著書「1日1食減量道」、読んでみてください。「1日3食」は「病気をつくるもの」。「がん」は「病ダレ」に「口が3つ」。「1日3食」が「癌の原因」、「病気の原因」と「先人」が伝えています。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

  私の健康メルマガ登録はこちらから!

↓ ↓ ↓
メルマガ登録
2018年8月
« 6月    
 12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  

analitics