あなたは洗脳されている!テレビも医者も栄養士も馬鹿ばかり!医者に殺される前に読んだあなたはラッキーです。西洋医学があなたを騙し、東洋医学があなたを救う!

リチャード・コシミズ「健康」5/8 ガンを治すにはどうしたら良いか?ガンは血液循環の病気。西洋医学は絶対ダメ!

リチャードコシミズ ガン呪縛を解く

リチャード・コシミズ「健康」5/8 10:43

もう一人健康の専門が来たから。

アハハハハ

先生。だって今日は健康の話。

健康の話。

あ~。

###

へぇ~ えっへへ。

そうだプロだった。

プロが居た。
え~今日は何の話したかって言うと「これ。」

あ~。

わかります?

こいつの本、ご存知なんじゃない?

いや、まだ読んでません。

千島学説の本。

あーそうなんすか。あの~お医者さんが書いた?

うん。

あのーガンは手術しちゃダメ

へぇー。

えー抗ガン剤飲んじゃダメというような話をさっきしたんですけどね。

あー。

ガンは血液の病気であると。

えー。

したがって血液を綺麗にすれば治る。

えー浄化すればね~。

あぁ!そうだ、お灸とか

えぇ。

あの針を打てば治ると…ハハッ
たぶん###

あぁ。

結構治せるんでしょう?

そうですね~あの~まぁ要するに結論を言えば血流ですよね。

うん。

だから要するに東洋学。昔からその~気血のね

うん。

滞りがなく

うん。

体中を循環すれば、

うん。

あのー健康が得られるという事なんですよね。
ですから我々は要するにその~灌漑作用をしてるようなもんですよね。
あの要するに滞っている所をま、血行良くして、そしてーあの要するに隅々まで

うん。

細胞を行き渡らせれば、あの~健康になっていくと。

毛細血管を開かせるみたいにですか?

自然になっていく。

そうですね。毛細管ですよね。

うーん。

結局はね。

それは体触ればわかります?どこかとどこ?

要するにまぁ、それは筋肉の緊張となって表れて、そういう所はやっぱ血行悪い所ですから。

うん。

そういう所を

肩が凝ったとか

そうなんです。

でーまぁ、体中に皆さん凝りと言うと肩こりを連想するけども、
あのー肩だけじゃなくて体中にやっぱり凝り~、滞りができるんですよね。
ただ、あの~やっぱり我、私たち中枢ていうか、
脳が司令塔ですから、やっぱり首、肩の凝りってのはね一番重視しなきゃいけない。

うん。

う~ん。

首しか通り道が無いですから。

要するにもっともだから要するに肩凝りを定義すれば、えー、脳に限りなく近い所の血行の悪い状態。

うん。

ということは脳に直結してるから。

うん。

だから我々はやっぱり首、肩の凝りは重視するんです。

う~ん。

で、もちろん末梢。
要するに血液はつまり心臓から出て、えー足元まで行って、また戻ってきますから。
もちろんどこも重要なんですよ。

足裏はよくやるって何か

うん。

意味あるんですか?

ちょうどね、折り返し地点なんですよね、足が。

あぁ。

あぁ~、なるほど。

やっぱり末梢なんですよね。
だから、要するに私たちは縦方向に生きてますけど、
えー要するに、重力の関係で下へ下がってきますから

 

あぁ。

う~ん。

それがまた戻って来なければ

うん。

いけない。
戻すためには大変な負担があるんですね。
だから、それを心臓のポンプだけで、
えー戻すよりもやっぱり、

あぁ、なるほどー。

えー筋肉の状態が必要。
それからあとはやっぱり運動というのは大事っていうのもそういう事ですよね。

う~ん。

心臓を補うんですよね。

うん。

あぁ。

それによって滞っている血液をまた戻すと

うん。

だから適度に運動するって事は大事です。

あのー、例えばガンになったとしたらその血流を戻してやる事によって治る可能性もあるわけですか?

あぁ~。

ありますよねー。
もう最大でしょうね。
つまり例えば、あの~血液を浄化する装置を一番考えるのが、
考えなきゃいけないのが腎臓がやっぱり大きいですよね。

うん。

腎臓が要するに浄血機関ですからね。

うん。

ですからそこの腎臓の働きを強化するっておいても、
やはり腎臓っていう一つの臓器に十分な良い血液が

うん。

腎臓の臓器自体を養う栄養血管が

うん。

そこに至らなければ、腎臓はやはり、あのー低下しますよね。

うん。

機能がね

うん。

ですからそういう事が***
それからあと肝臓もそうですよね。
肝臓は化学工場と言われてますが、やっぱりここも要するに解毒機関ですよね。

うん。

ですから、その解毒する装置、
まぁ要するに各臓器にも十分にいい血液を送り込んで、
その臓器の働きを活性化していくという事が大事ですから。
そういう装置がきちんと働いてけば、やはり、えー血液がまず浄化するという事

なるほど。

えぇ。

浄化機関を活性化する。

***

ですから僕らはやっぱ、「腎兪」っていうツボをすごく大事にするんですよ。

どこにあるんですか、それ?

腰の所に。
腰痛なんかでよく出るんですが、

あぁ。

腎臓は後側についてますから腰に出ます。

うん。

腎兪」と言うんです。

うん。

まぁ、後で何かね。ツボの本でも読んで・・・

ハッハッハハハハ!!

フフ!

いや、この本にはね、癌になった人が

えぇ。

鍼灸師さん、整体師さんの所に行ったらば、

えぇ。

とにかく2時間足踏みされたって!

あぁ。

う~ん。

それも同じ場所ばっかり。

あぁ。

書いてあった。

足ばっかり、へぇ~。

僕がちょっと癌を直接治すっていう治療で、直接的にはやってないんで

うん。

臨床的にはねーそうなんですが

究極的にはそういう事ですよね?

究極的にはそういうですよねー。

だから、あのーーいいですか?ちょっと

うん。

あのーそれから人間っつうのは50からないし60兆の細胞からまぁ成り立ってるわけですよね。
で、その細胞は一人一人の人間と考えていいわけですよね。
要するにご飯を食べて

うん。

そして、空気、酸素を必要として、そして排泄するわけですよね。

うん。

で、その要するに栄養と酸素は何が運んでいるかっつたら血液ですよね

うん。

だから血液は大事なんですよね。
で、正しい血液でないとならない。
正しい食事、その食事が血液になるわけ。
そして正しく循環する。で、隅々の細胞にまでそれが行き渡る事が大事なんですよね。

うん。

で、動脈血が要するに酸素を運んで、そして、まぁあのー栄養も運んでですね

うーん。

そして、その細胞に供給されてそして細胞が活動しますと必ず老廃物を出すわけですが、

うん。

その老廃物を受け取るんもまた血液ですよね。

うん。

だから、それが戻ってくるのが静脈血
だから常にその細胞にですね、正しい血液が
えー要するに正しく酸素と栄養を供給し、そして老廃物はえー運びこら・・えー運ばれないとですね、
垂れ流し状態になっちゃって非常に劣悪な環境になってくるわけですよね。

ですから、要するにそれをちゃんと血液がまた運んでくれると、
そういう良い環境のもとで細胞は活性化してると

うん。

で、その細胞がもし劣悪な環境で栄養も来ない。
えーそれから空気も来ない。
そして老廃物は垂れ流し状態でそこは、えー綺麗にされないというような状態で
えー長く置かれたら、そして酷使されたら、
必ず働いているわけですから次に細胞分裂しますよね?
その時にやっぱりおかしな細胞に

あぁー。

生まれ変わっている可能性はあると思います。

あぁ。

だから、そういう事からも
あのーまぁ要するにおかしな細胞で、えー変な細胞に生まれ変わる

うん。

危険性っつうのが

うん。

出てくるわけですよね。

ここから癌とか

うん。

###考えられる。

そういう事も

うん。

考えられるもんですよね。

まぁちょっと医学的、あのーーそうね。
説明はあのー検証してるわけじゃないですけども。十分に考えられる訳ですね。細胞分裂して必ず

と言う事は健康の基本は血液であると

うん。だから僕はあのー治療やっていると、つくづくね我々がやっている作業を何かと思うと、
それは要するに干からびた大地というかね、干からびた畑に、
あのー灌漑作業をやっているような

毛細血管に血を流してあげる。

毛細血管に血を流し・・・て

やっぱり半身浴だ!

フフフフ

それで~あのーつくづくね。
僕はやっぱりね、
老若男女の治療をするんですけど、あのー若い時っていうのは、柔軟なんですよ

うん。

体中が。

うん。

だから、まぁ僕、よく例えでね、「老化とは何か?」っていう事お話をするんだけれども。
あのー人間って赤ん坊のね、状態から、あのー老化してきましてね。
でー赤ん坊の頃っちゅーのは、もうそのゴムまりのようにね

うん。

柔らかくて柔軟でね。
まぁ高い所から下手して落っこっても奇跡的に助かっちゃうなんて事はありますから

うん。

という事はありますから。要するに柔らかいから。

うーん、柔らかいから。

でーまぁその替わり、お年を召してくるとお布団の上で転がっても骨折とか

うーん。

いう事はあるんですよね。硬直ですよね。人間の歴史って硬直だと思うんですよね

うん。

で、「おぎゃー!」と生まれてゴムまりの状態から、
死んで最後、死後硬直で終わるね、この歴史なんじゃないかと思うんですよ。

うん。

えーやっぱり、それはね~硬直しているって状態は
まぁ、筋肉レベルで言えば凝りのような状態がね、
始終、何がら年じゅう。
それがまぁ固まってきてね。その状態つーのは血行が悪いわけですよね。
だから要するにその~
年取ってくるとですね、硬直して血行が悪い状態を始終。
えーそういう状態としちゃっているわけですよね。
だから、それをまぁ我々は若返す時に、
つくづくその鉄板のような硬直したの 針打ってね、お灸して柔らかくしているわけですね。
それによってですね、若返ってくるんです。

ほぉーー。

あの、皮膚のですね。あのーカサカサしたね、皮膚が。あのー非常にこう艶が出てきたりですね、
そういう変化が起こってくるんです。

うん。

でーまぁ私の、そのーホントに駆け出しの頃にまぁ、全然自信がなかったんですかね。
まぁ、針とお灸で。
80近い、あのー女性の方なんですが、
まぁ腰痛症とそれから膝が悪くて、歩行のですね、まぁこう背中曲がってた人なんですよ。
緩んでくるんですよ。
も、本当に硬直してですね、
もう老化現象でもう普通だったら、僕もうこれはとても、あのー治せないと
その方は一年近く、週一でまぁその頃往診してたんですが、それが変化してですね。
あの背中が伸びまして、

うん。

それでその~まぁ、その方いつもこう仏教の何か法を聞くのが好きだったんですかね。
それをいつも後ろで聞いてたんですが、前で正座で聞けるようになった。
という事で私もすごくそれはですね、
あのー信じられないくらいの変化を見てですね。自信を深めたっていう経験なんです。

うん。

それまたちょっと笑い話なんですけど、一年くらい過ぎて、だいぶ経過が良くてね
「先生、その針の先にどんな薬を塗ったか?」

ハッハッハ!!

僕の方がびっくりしちゃって!

ハッハッハッハッハッ!

一年も針打っててー、えぇ、そんな事もこの方はわかってない。

ハッハッハッハ!

えー、驚いた!

針のメカニズムってどうなってるんですか?何で効く?

そこがねー、そこがね。ヘヘッ

放射線に近いんじゃないですか?

う~ん。

だから###

交感神経のレベルでえー皮膚からですね、
えー通じて神経経路を通過してね、まぁ脳にも行くんだと思うんですけどね
あとね、脳のね、その要するに手先感があちこちにあると思うんですよ

うーん、ふ~ん。

それは

うん。

あると。

そこに刺激してる。

そこに繋がっている。
だから、全てが脳に行くとは思えないんですが。

うん。


このブログの著者はこちら!フォロー大歓迎です^^♫
↓ ↓ ↓
やすボーイ
★私のプロフィール:松本 康男(やすボーイ)大阪在住のフリープログラマー。ちょっとしたことから体調を壊してしまい・・ずっと治らない日々が続く。そんな中、奇跡的に日本一の中医学の先生に出会う。その情報を元に「東洋医学健康アドバイザー」としてFBで情報発信すると、またたく間に大人気に!!お友達5000人フォロワー数10,750人・さらには、Facebook日本人気ユーザーランキング280位に至る!TV・マスコミ・新聞などの歪んだ噓の情報ではなく、真実の情報をあなたにお伝えしています。

本当の情報を知りたい人だけ、こちらから私のFBをフォローして下さい
フォローはこちら!

Instagramのフォローはこちらできます。
こちらから!

★facebookやtwitterでのシェアやRTも大歓迎です^^♫

Share on Facebook Share on Twitter
このブログや記事に共感してくれたあなたへ^^
私の無料健康メルマガへのお誘いです^^下からどうぞ ↓ ↓

↑ ↑ コチラからどうぞ!! ↑ ↑

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

  私の健康メルマガ登録はこちらから!

↓ ↓ ↓
メルマガ登録
2018年11月
« 10月    
 1234
567891011
12131415161718
19202122232425
2627282930  

analitics