あなたは洗脳されている!テレビも医者も栄養士も馬鹿ばかり!医者に殺される前に読んだあなたはラッキーです。西洋医学があなたを騙し、東洋医学があなたを救う!

抗がん剤に殺されてはいけない 船瀬俊介

抗がん剤に殺されてはいけない 船瀬俊介 10:53

船瀬:ここで大事なことはアンチトラクジンですよ。
分かります?

抗がん剤を投与して、1ヶ月でガンが10人に1人キュッと縮むことがあるんですよ。
もちろん猛毒だから。

毒っていうのはね、ガン患者のガンもびっくりしてさぁ。
中には10人に1人は縮むことがあるんだ。
びっくりしたなぁもうと。
だけど、10人に9人はピクリとも動かない。

それでも、10人に1人は、ガン細胞、それも4週間1ヶ月以内に縮んだら効果ありってことを
認め謝罪した。

ところがだ。
ここからっていう10人に1人はガンが縮んだから効いたんじゃないの?

どういうことかというと、そのあとでデルタ証言で言いますけど、1985年にナショナル##がね。
アメリカの国立ガン研究所のデルタ所長という人が1985年、今から何年前ですか。
すでに告白しています。

10年20年30年前まで、ようするに##ガンの化学療法をまったく無力だった。
なぜか。
一時的になるほど10人に1人ぐらいは、ガン腫瘍が縮むことがある。
その毒性で。

しかし、ガン細胞はたちまち、その抗がん剤の毒性に対して、自らの遺伝子をカチャカチャカチャと組み替えて、そしてガンの抗がん剤の毒性を無力化して、それから急激に再増殖はじめる。

これは農薬に対して害虫が、一時的に農薬で害虫が死んでも、生き残った害虫が、##されても、農薬に対してその遺伝子を組み替えて、抗がん剤の毒性を無力化して、無力化するのとまったく同じメカニズムが分かってきた。

それはあの東海岸報告で承認されたんです。
どういうことかというと、ようするに、一旦縮んだガン腫瘍が、すべて5ヶ月か8ヶ月たつと猛烈に再増殖して、もとのサイズにリバウンドして、それからもう##。

一時的に抗がん剤効いて治って良かったですねって言ってても、半年くらいたったらさ、また再入院して死んじゃった。
これはアンチドラグジンって言ってます。

##でadgの存在について日本の医者は全員無知で知らない。
クルクルパー。
誰一人知っていませんでした。
僕が取材したときは。

アンチドラグジン知っていますか?
なんですかそれは。
素人の私が知ってても医者は知らない。
このレベルのことを知らないんだよ。

だからまず、抗がん剤で殺される。
抗がん剤を打ちたいと言ったらこれを1冊見せれば##。
反論ゼロ。
この本に対して一言の反論も寄せられてない。

もっとも突っ込んだのは抗がん剤の悪夢です。
これはもうさらに突っ込んで抗がん剤の正体を丸裸にしています。
だからね、とにかくね、1日1食って本が売れてるけど、
いいですけど、1食抜いても本を読め、2食抜いても本を読めです。

分かります?
あなた方に足りない栄養は、ただ1つ正しい情報です。
分かります?

あなた方に必要な薬は、正しい情報という名前の薬。
それが欠けている。
だから洗脳されている、完全に洗脳状態。
マインドコントロール。

だから抗がん剤効くんじゃないの?
と思っている人9割以上じゃない。
抗がん剤っていう名前で騙されている。

ね?
放射線いいじゃない?
##していいじゃない?
そういう事です。
それでもう、全部マスコミ、全部洗脳されてるんですよ。

分かります?
全部洗脳してるんです。
巧妙に洗脳している。
NHKなんか最悪だ。

なにがためしてガッテンだ!
これは騙してガッテンって呼びたい。
分かった?

まぁそういう事で、はい次行きましょう。
え~とね、2ページ見てください。
日本のガン患者は三大療法で殺されている。

それでこれで、ガンの治療がなぜ効かないかというと、10の理由があるんです。
その10の理由は、この病院で殺されるに全部書いてます。
この10の根拠に関して、一切の反論はありません。

まず第一の理由。
これは、え~1985年、今申し上げたアメリカ国立ガン研究所、ナショナル##、デヴュダ所長が議会で証言しました。

ようするに化学療法、抗がん剤はまったく無力である。
なんでかというと、今言ったみたいな。
だから、我々は深い絶望にある。

アメリカ国立ガン研究所といえば、アメリカの最大のガン研究機関、そのトップが議会で、それも30年前にもう宣言しているんです。
抗がん剤はまったく無力だという事。

このデヴュダ証言は日本の医学界は、日本のメディアは1行1字報道しません。
全部あの黙殺、圧殺してます。
なんでNHKのクローズアップ現代でやらないんだ。
なんで朝日新聞のトップで出ないんだ。

出るわけない。
全部ロックフェラーの##で支配されている。
書けるわけがない。
書いたら記者はとばされますよ。

はい2番目。
東海岸報告、1985年。
これはニューヨーク大学、シカゴ大学などアメリカ東部の20、20近くの医療施設、大学が参加してますね。

で、そこで合同の人体実験、すごいね。
アメリカのやることすごい。
743人の末期の肺ガンの患者を4つのグループに分けたんですね。

すなわち3種類の抗がん剤投与したグループ、それと2種類の抗がん剤投与したグループ、それと1種類A、B、4種類のグループに分けました。

そこでその抗がん剤複数投与と、それから3種類投与と、2種類投与、1種類投与でどれだけ
生存率違うかみたら、なんとですね、ガンの縮小率が一番多かったのは3種類投与、20%がガンが縮みました。

それで2種類投与は13%です。
それで1種類投与は、Aは9%縮み、Bは6%が縮んだ。
だから、ガンの縮小率は、なるほど複数投与した方が多いんだ。

ところがこの死亡率見ると逆転が起こったわけですね。
どれだけ早く死んでいるかというと、複数投与の分が単数投与に比べて、なんと10倍から7倍早く死んでいる。

何のことはない複数投与した方が早く死んでいる。
ところが、日本のガン治療は複数投与、これカクテル療法って言ってますけども、抗がん剤を複数投与するのが常識なんだから。

だから、もう抗がん剤で殺してるわけですよ。
さらに驚くべきことは、ガンの腫瘍が縮小した例があります。
ただ縮小した腫瘍も5か月から8か月、5か月から8か月後に、全ての腫瘍が元のサイズにリバウンドしている。

さらに、猛烈に増殖して患者を死なせている。
この東海岸報告、これも日本のメディアは、1行1字報道していません。
だから、東海岸報告は私が名前を付けたんだ。
名前がないから。

だから、アメリカ東部の、特に東海岸に集約、密集している大学が参加しているから、東海岸報告と私が名前を付けた。
この743人の肺ガンの患者の人体実験方法について反論0です。
パーフェクトです。

すなわち、複数投与した方が早く死ぬ。
この時に放射線治療を受けてた人が、さらに早く死んでいる。
だから、放射線治療もまったく無力ってことが証明されたんですね。
はい、次行きましょう。

え~1988年、NCI報告。
これはナショナル##、アメリカ国立ガン研究所の報告ですが、ようするにこれはガンの病院学という、数千ページにおよぶ報告書ですけど、そこでなんと結論付けているかというと、抗がん剤は猛烈な発がん物質であり、投与するとあの~患者に第2次害が発生してしまうと。

だから、治療効果ではなくて発ガン、増ガン効果しかないと、はっきり認めています。
これはアメリカの国立ガン研究所だよ。
この報告も日本で1行1字報道されない。
ひでぇもんだ。

だから、誰も知りません。
医者も知りません。
このこと。
船瀬さんの本読まないから。

ね?
読まないんじゃなくて読めないんだ。
読むとうなされるから。

OTAリポート、1990年。
OTAとはアメリカ政府の公的調査機関であります。
そこでガンの3大情報の危険性の##が断定されました。

どういうことか。
すなわち食事療法とか、あの瞑想とか、それをそのイメージ療法とか、その代替療法に比べると、あの3大療法は極めて危険性が高い。

特に抗がん剤治療は、ほとんど##効果ないどころか、殺してると。
だから、末期ガンで助からないと言われてるのは、なんと非通常療法、すなわちその食事療法と代替療法で完璧に治っている例が極めて多い。

それに比べて抗がん剤、放射線、手術の3大療法は患者を死なせているだけだ。
よって、この代替療法を我々は徹底的に見直さないといけない時だと、アメリカの政府機関が言ってるの。

OTAリポート、1990年。
これはまた日本では1行1字報道されないから、み~んな知らないの。
船瀬さんの本しか書いてないの。

すごいね。
はい、チェコリポート。
これは1990年、男性が6300人の、これはあの喫煙者。

これはあのね、いわゆるガン検診が効果があるかどうか確認したわけですね。
で、6300人の喫煙者の男性A、Bの2つのグループに分けて、Aのグループは、え~1年間に2回、あわせて3年間だから6回、肺ガン検診を行いました。

なぜ行ったかというと、X線の胸部撮影ともう一つは、かつタン検査。
カッとタンを調べて、ガン細胞があるかないか調べた。
もう一方のBのグループは、一切検診を行いませんでした。

さぁその残りの3年間は、このA、Bのグループでどれだけ肺ガンにかかり、どれだけ肺ガンで死に、どれだけその死亡率が減ったかという調査ですね。
すると、驚くなかれ。

我々は、肺ガン検診受けた方が肺ガンにかかったてないと思うでしょ?
ところがどっこいね。
肺ガン検診受けた方が肺ガンにかかっている。

1.32、死亡率が1.32です。
総死亡率も肺ガン検診受けた方が早く死んでいる。
これをだから酷い話でしょ。

肺ガン検診受けない方がいいじゃんって、子供でも分かる。
このチェコリポート、チェコスロバキアリポート。
これはあの~新潟大学の、予防医学の最高権威の岡田まさひこ先生。

私あの新潟大学まで取材に行きました。
岡田まさひこ先生が、船瀬さんこれはパーフェクトです。
この疫学調査に反論できる学者は、地球上に一人もいません。
パーフェクトデータです。

しかし、このチェコリポートも一切メディアに報道されない。
ひどいね。
それで厚生労働省がこれに焦って、なんとですね、でっち上げデータを発表したんだ。
肺ガン検診受けた人が寿命が2倍伸びる。

全部ペテンです。
岡田教授は呆れかえりました。
完全なるねつ造データです。

マスメディアにこれを流した。
メディアは大々的に報道したんだよ。
チェコリポートは1行1字報道しないのに。

厚労省はでっち上げた、肺ガン検診受けた人が寿命が2倍伸びる、全部ねつ造ですよ。
ねつ造論文ですよ。
そうメディアに流した。
それで国民は、肺ガン検診受けた方がいいんだと、もう騙された。

ここまでやるんだよ。
論文のねつ造やったんだよ。
国家のあのの厚労省が。

信じられる?
昔の厚生省、厚生省って書いてあるでしょ?
読み方が違うって言った人がいました。
厚かましく生きて省みない省って。


このブログの著者はこちら!フォロー大歓迎です^^♫
↓ ↓ ↓
やすボーイ
★私のプロフィール:松本 康男(やすボーイ)大阪在住のフリープログラマー。ちょっとしたことから体調を壊してしまい・・ずっと治らない日々が続く。そんな中、奇跡的に日本一の中医学の先生に出会う。その情報を元に「東洋医学健康アドバイザー」としてFBで情報発信すると、またたく間に大人気に!!お友達5000人フォロワー数10,750人・さらには、Facebook日本人気ユーザーランキング280位に至る!TV・マスコミ・新聞などの歪んだ噓の情報ではなく、真実の情報をあなたにお伝えしています。

本当の情報を知りたい人だけ、こちらから私のFBをフォローして下さい
フォローはこちら!

Instagramのフォローはこちらできます。
こちらから!

★facebookやtwitterでのシェアやRTも大歓迎です^^♫

Share on Facebook Share on Twitter
このブログや記事に共感してくれたあなたへ^^
私の無料健康メルマガへのお誘いです^^下からどうぞ ↓ ↓

↑ ↑ コチラからどうぞ!! ↑ ↑

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

  私の健康メルマガ登録はこちらから!

↓ ↓ ↓
メルマガ登録
2018年11月
« 10月    
 1234
567891011
12131415161718
19202122232425
2627282930  

analitics