あなたは洗脳されている!テレビも医者も栄養士も馬鹿ばかり!医者に殺される前に読んだあなたはラッキーです。西洋医学があなたを騙し、東洋医学があなたを救う!

ゴールドジムで筋トレをしているという筋肉マンと話をしてきた話。原理原則を知って長生きする方法!

【ゴールドジムで筋トレをしているという筋肉マンと話をしてきた話。原理原則を知って長生きする方法!】

お早うございます^_^!
「東洋医学健康アドバイザー」の松本です。

先日セミナーに出席して、
懇親会にも行ってきたのですが、

その時、筋肉を鍛えているという人と話をしてきました。

私はと言えば、普段、

「筋肉は鍛えてはいけない」とか、

「イチローは筋トレしない」とか

「野生動物は筋トレしない」などと

情報発信していますので、
完璧に考え方が違う人になります。

(もちろん私だけのこり固まった考えではなくて、
東洋医学(中医学)の先生から聞いている内容になります。)

その人(筋肉マン)が、
どんなことを言うのか注意深く聞いていました。

「最近、 糖質制限が流行っている影響で、
外食でもご飯を食べない人がいるらしい・・

完全におかしい、そういう人たちは間違っている」と・・

それって完全に私のことではないですかあ~^^!

「やりすぎ、糖質は必要だ」

ということだそうです。
でも私は知っています。

炭水化物は悪であり、砂糖は極悪です。

糖質は、人間には、本来必要が無いのです。

体を動かすのに糖が必要と言うのは噓ですし、
脳を働かせるには、糖が必要・・というのも噓です。

人の体は、ケトン体を使って、
エネルギーを作り出すことができます。

若い頃は、糖質をエネルギーにしやすいですが、

歳を取るに連れて、
どんどんとエネルギーにしにくい体になります。

10代の頃など初めは90%,80%の糖代謝能力だったのに

20代、30代とどんどん糖代謝が悪くなり、

糖をエネルギーにする能力がなくなってきます。

35歳で、全盛期の50%の能力になって

50歳では20%ほどの能力しかなくなってしまいます。

それなのに人は、
今までと食べる内容や量を変えたりしません。
(糖摂取量など)

10代、20代とあれだけ細かった人が、
生活習慣をそんなに変えていないにも関わらず、

30代、40代、50代と歳を経るに連れて、
なぜだか、お腹に余計な脂肪がついてくるのはそのためです。

運動不足だからではありません。
筋トレ不足でもないし、有酸素運動不足でもないです。

年齢とともに、糖代謝が下がっているのに、
糖の量を減らしていないからです。

単なる糖過剰です。

補正下着などで補正せずに、運動もせずに、
ただ、糖を減らせばいいだけの話だったのです。

人が、砂糖や炭水化物を摂取すると、
早いスピードで、血糖値が上がります。

血糖値が上がると体にとっては、危険状態ですから、
膵臓がインスリンを頑張って作ります。

血糖値を下げるために、インスリンを作るのですが、
インスリンを作るのも、エネルギーがかかります。

インスリンや消化のための
消化酵素を作るのに多くのエネルギーを使うのです。

食後、お腹がいっぱいになり、眠たくなるのは、

消化のための物質を作るためにエネルギーを使うために

エネルギーが足りなくなってしまうからです。

お肉と炭水化物(米など)って
どちらが消化しやすいと思いますか?

お肉は胃液で消化されるので、かなり消化に良いです。
(牛肉よりも鶏肉のほうが消化に良い。)
お米などは、胃袋の中で最後まで消化されずに残るようです。

外科医の人が手術して、胃を切開したとき、
最後までお米が残っているのを見るそうです。

それほど消化に悪いということです。

ガンができるのも糖質過剰ですし、

動物実験で、炭水化物をたくさん摂る動物のほうが、
寿命が短くなるのも糖質過剰だからです。

腹八分が良いのです。
ですが、

筋肉マンの人は、
なぜ、糖(炭水化物)を擁護するのかという問題が残ります。

彼らは、健康に気を使っていないのかというと
そういうわけではないです。

普通の人よりも、とても気を使っています。
とても勉強熱心ですし、食べ物にも気を使っています。

しかし、普通の人と大きく違う所は、
彼らが筋肉命だというところです。

彼らが考える所は、

・筋肉が大きくなればいいな
・筋肉を大きくするにはどうすればいいのか?
・そして、筋肉が大きい人はかっこいい

です。

私たちとはそこが違います。

私たちは、

筋肉があったほうがかっこいいのかもしれないけれども、
厳しいトレーニングをするぐらいなら、

そんな大きい筋肉など必要がない・・

ではないでしょうか?

彼らは、

筋肉を大きくするために、厳しいトレーニングをして
体を動かすためのエネルギーとして、

糖を大量に消費するのです。

だから彼らは、糖に対して寛容です。

炭水化物も食べるし、時には甘いものだって食べる。

その反面、異様に、脂肪を嫌います。

卵だって、黄身のほうが、脂が多いからと言って、
白身ばかり食べたりします。

鳥のささ身ばかり食べたりします。

でも、私たちは、大きな筋肉が欲しい訳でもないし、
厳しいトレーニングをするわけでもないし、

糖は、そんなに必要が無いのです。

特に、35歳以降の人で、デスクワークの人などは、
年齢的に、糖代謝も下がってきているし、

仕事上、それほど動き回らないために、
糖はほとんど必要が無いということになります。
それでは何でエネルギーを取るのかというと、
肉や油 、そして、野菜になります。

(肉は、牛肉よりも鶏肉が消化が良いのでおすすめです。

肉にも、脂があって、それも重要な役割を果たすようです^^)

油は、サラダ油とか
そういう体に良くない油ではなくて、

亜麻仁油などの体にいい油を
摂取するということがポイントです。

亜麻仁油は、有機(オーガニック)と
書いてあればどれでもいいそうです。

油というと、健康に良くないイメージがあるかもしれませんが、

悪い油は、良くないけども、
いい油は良いのです。むしろ、進んで摂取するべきです。

例えば、塩といえば、体に良くないというイメージが有るけども、

悪い塩(食塩、食卓塩)は、摂取せずに、
いい塩(ミネラルが入っている塩)は、

むしろ摂取すべきなのと同じで、

油といっても、良いものと悪いものがあるので、
良いものは、進んで摂取すべきということになります。

エネルギー源として、

肉などのタンパク質と「質のいい油」を燃やして、
エネルギーにするといったイメージでいいです。

あまり激しい運動をせずに、余計な体力を消耗せずに、
糖質を避けて、糖過剰を避ける。

消化を良くして、
内臓のエネルギーを無駄に浪費せずに、

肉や良質の油を取ってエネルギーとする。

そして、消化や体の再生のためにエネルギーを使う。

野菜は、食物繊維などがあるので、
腸内細菌の餌となりますので、

これも消化を助けてくれることになります。

そして、できるだけ、食品添加物を避けて、
脾臓を狂わせないようにする。

これができると、なお良いです。

脾臓は、体の司令塔です。
これが狂ってしまえば、治るガンも治りません。

そして、

更に上を目指すなら、気功を取り入れましょう。
ところで気ってあると思いますか?

そうです。気です。

かめはめ波とかの気です。

気は見えないですし、
科学的には、証明されていない(らしい)ので、

噓なんじゃないの?と思う方もいるかもしれませんが、

気はあります。

そもそも、經絡(けいらく)とは、気の通り道です。

經絡があるということは、
気があるという前提での話なのです。

人の体は、気を通して、
エネルギーや情報を伝えているようです。

(經絡を通して、内臓が気をやりとりしているようです。
肝臓・脾臓・胃・肺・膵臓
心臓・膀胱・腎臓・大腸・小腸など)

この気が、通りにくいと、
エネルギーが通りにくい体になってしまいますし、

通りが良いと、エネルギーが体に行き渡ることになります。

でも見えないし、よく分からないし・・・

信じたくない人は、信じなくてもいいです。

でもそうらしいのです。

筋肉を鍛えるとなぜ、体に良くないのかというと、

この気が、体を通りにくくなるからです。

せっかくエネルギーが、
体全体に行き渡ろうとしているのに、

体が気を通しにくくなっていたら、

良くないと思いませんか?

私たちは、普通の人間ですから、無理に不自然に
筋肉を鍛えて、気の通りを悪くする必要が無いのです。

体の仕組みを理解して、
無理なく生活すれば、長生き間違いないですね^^!

知らずに、負担を掛ければ、
後でしっぺ返しが来ますよ。

静かに体の声を聞きましょう。

大事なのは原理原則です。

枝の枝のそのまた枝の枝をいくら知ったって駄目です。

大きな幹をぐっと抑える。
これが原理原則を知るということです。

東洋医学健康アドバイザー 松本

では、今日も、よろしくお願いします(*^^*)

◆追記:筋肉は、
脾臓を労(いたわ)ることと、気功をすることで、
運動をせずに鍛えることができるようです。

西洋医学は、筋肉のことを全く理解できていないのです。

だから、筋肉系の難病などを
治癒させることができないのです。

でも東洋医学は違います。


このブログの著者はこちら!フォロー大歓迎です^^♫
↓ ↓ ↓
やすボーイ
★私のプロフィール:松本 康男(やすボーイ)大阪在住のフリープログラマー。ちょっとしたことから体調を壊してしまい・・ずっと治らない日々が続く。そんな中、奇跡的に日本一の中医学の先生に出会う。その情報を元に「東洋医学健康アドバイザー」としてFBで情報発信すると、またたく間に大人気に!!お友達5000人フォロワー数10,750人・さらには、Facebook日本人気ユーザーランキング280位に至る!TV・マスコミ・新聞などの歪んだ噓の情報ではなく、真実の情報をあなたにお伝えしています。

本当の情報を知りたい人だけ、こちらから私のFBをフォローして下さい
フォローはこちら!

Instagramのフォローはこちらできます。
こちらから!

★facebookやtwitterでのシェアやRTも大歓迎です^^♫

Share on Facebook Share on Twitter
このブログや記事に共感してくれたあなたへ^^
私の無料健康メルマガへのお誘いです^^下からどうぞ ↓ ↓

↑ ↑ コチラからどうぞ!! ↑ ↑

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

  私の健康メルマガ登録はこちらから!

↓ ↓ ↓
メルマガ登録
2018年9月
« 8月    
 12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930

analitics