あなたは洗脳されている!テレビも医者も栄養士も馬鹿ばかり!医者に殺される前に読んだあなたはラッキーです。西洋医学があなたを騙し、東洋医学があなたを救う!

糖質中毒は、アンチエイジング・若返りの大敵!白澤卓二「砂糖をやめれば10歳若返る!」糖尿病・高脂血症から身を守る方法

糖質中毒 6:54

もう今では当たり前になったかもしれませんが、
砂糖は、老化を早めるのみならず、
様々な病気を引き起こす麻薬であり、
覚せい剤。マイルドドラッグです。

「甘いモノがやめられないんです」→砂糖中毒です。
若いころは、糖代謝が高いためにそれほどでもないですが
歳を経る毎に糖代謝は下がってしまって、どんどん糖をエネルギーに出来なくなっていきます。

35歳で逆転して50%になります。
そして、50歳ではほとんどエネルギー化できなくなります。
ということで、糖摂取は、お気をつけ下さい。

~~~~~~~~

このあと、あなたの食生活に驚愕の事実が。

白澤:依存性とかですね、中毒性が非常に高いと。

糖質中毒が老化を早める。ご飯もパンもラーメンも、危ない?衝撃速報、砂糖をやめれば、10歳若返る。

この衝撃速報が書かれているのがこちらの本。『砂糖をやめれば10歳若返る!』。書いたのは、アンチエイジングの権威、白澤卓二教授。砂糖をやめるとは、一体どういうことなんでしょうか。

白澤:砂糖っていうのは体の中で実はブドウ糖になる糖質なんですよね。で、その他にも炭水化物というのも同じような糖質になるんですが、この糖質を摂り過ぎると、糖質中毒になる危険があるんですね。とっても怖いんですよこの糖質というのは。

砂糖などの糖質は、摂り過ぎると中毒になってしまうという。一体どれぐらいの人が、中毒に陥っているのでしょうか。
2015y12m16d_153800263白澤:日本人にはね、とっても多いと思うんですよ。おそらくですね、2人に1人もしくはそれ以上がですね、糖質中毒である可能性があるんです。

なんと、日本人の半数以上が、糖質中毒に陥っている可能性が。しかも、その原因は、私達の生活の中にあふれているという。

そこで、糖質中毒の実態を探るべく、先生と共に調査開始。すると早速。

白澤:これこれ。これなんですよ。これ、見つけた。

スタッフ:パン屋さんですね。

白澤:はい。色々ならんでます。これだ。これはね、甘食ですよ。

ついつい手が出てしまう菓子パン。大量の砂糖を使用している上、原料の小麦粉も炭水化物だから糖質。つまり、ほとんど糖質だけでできている食べ物なんです。これ一袋で、糖質量は100グラム。糖質の濃度が高く、一気に多くの糖質を摂れてしまう食品ほど、中毒に陥る危険性が高くなるといいます。

続いて向かったのはお蕎麦屋さん。ここで、糖質中毒の人が、知らずにやっている、恐ろしい習慣が明らかに。2015y12m16d_153739900白澤:僕はこの山菜そば。

スタッフ:ああ、山菜そばですか。

白澤:ええ。

スタッフー僕はじゃあ、俺、カレー、カレーライスにしますわ。

A:僕親子丼で。

B:私カツ丼で。

白澤:えっ。カレー?

スタッフ:はい。

白澤:親子丼?実はね、カレー頼む人は、実はカレーが好きじゃないんですよ。

スタッフ:どういうことですか。

白澤:ご飯が食べたいの。

ご飯が食べたい?

白澤:ご飯ね、サーッと入っちゃうでしょ。

スタッフ:入ります。

白澤:短時間に白米を食べたい人が、注文してるの。カレーを。これはね、白米中毒。僕はね、白米原理主義と言ってるんだけども。

スタッフ:そうなんすか?

白澤:ええ。

東:日本人みんなそうでしょ、そんなこと言ったら。

安:だってカレー食べたい。2015y12m16d_153910507

実は、糖質中毒の一番の原因は白米。お米は、本来ビタミンやミネラル分が豊富。しかし、精製された白米は、これらの栄養分が取り除かれているため、ほとんど糖質のカタマリ。食べるとすぐに、体が吸収してしまうのです。そんな白米を、一気にたくさん食べられる、カレーライスや丼ものは、まさに糖質中毒まっしぐらの食べ物なんだとか。さらに。

白澤:ありましたよ、ほら。

スタッフ:なんですか。

白澤:ラーメンの店。これ見て下さいよ。これはね、もう危険ですよ。

みんなが大好きなラーメン。小麦粉でできた麺は、もちろん糖質のカタマリ。その上もっと危険なのが、ラーメンにご飯を合わせた、ラーメンライス。その糖質量は、実に120グラム以上。先生によると、糖質を、100グラム近く含んでいる食べ物が、中毒を起こす元凶なのだそうです。

しかし、なぜ糖質を体に入れると中毒になってしまうのでしょうか。2015y12m16d_153752041白澤:中毒になるためにはですね、脳のドーパミンという報酬系、まあご褒美ですね。ご褒美系が動くということが非常に重要なんですね。

砂糖などの糖質を摂ると、脳にある報酬系と呼ばれる部分に、信号が送られます。すると、脳からドーパミンという物質が発生し、人は、快感を覚えるようになるのです。しかし、糖質を摂り続けると、脳からドーパミンが出続け、次第にその量をコントロールできなくなってしまいます。そして、少しでも糖質が足りなくなると、脳が、もっとくれー、と強く要求。その結果イライラしたり、気分が落ちてしまうといった症状が起きるのです。これがまさに、糖質中毒の禁断症状

白澤:砂糖なんていうのは、皆さん麻薬だというふうに思ってないですよね。でも体のなかで起きていることは全く同じような脳の回路が動いているので、隠れた麻薬中毒というか、マイルドドラッグのようなね、そういうような位置づけができるんですね。

A:怖い。

マイルドドラッグ?!でも人間って、糖質、必要ですよね。

白澤:必要なものなんだけどもそればっかり摂ってしまうと、いろいろな病気を発症してきてしまうということなんですね。

糖質を摂ると血糖値が上昇します。すると膵臓から、インスリンと呼ばれる、血糖を制御するホルモンが分泌されます。摂取する糖質が増えると、インスリンの分泌量も増加。そして糖質とインスリンが結合し、体内に脂肪として蓄えられてしまいます。これにより、高脂血症や、糖尿病などにかかるリスクが増大。体全体の代謝機能も低下し、老化を早めてしまうのです。
ラーメンや丼もの、甘いものが大好きなあなた。糖質中毒に陥り、老化が始まっているかも。

▼「砂糖」をやめれば10歳若返る! (ベスト新書)▼
51GiRivOyBL

 


このブログの著者はこちら!フォロー大歓迎です^^♫
↓ ↓ ↓
やすボーイ
★私のプロフィール:松本 康男(やすボーイ)大阪在住のフリープログラマー。ちょっとしたことから体調を壊してしまい・・ずっと治らない日々が続く。そんな中、奇跡的に日本一の中医学の先生に出会う。その情報を元に「東洋医学健康アドバイザー」としてFBで情報発信すると、またたく間に大人気に!!お友達5000人フォロワー数10,750人・さらには、Facebook日本人気ユーザーランキング280位に至る!TV・マスコミ・新聞などの歪んだ噓の情報ではなく、真実の情報をあなたにお伝えしています。

本当の情報を知りたい人だけ、こちらから私のFBをフォローして下さい
フォローはこちら!

Instagramのフォローはこちらできます。
こちらから!

★facebookやtwitterでのシェアやRTも大歓迎です^^♫

Share on Facebook Share on Twitter
このブログや記事に共感してくれたあなたへ^^
私の無料健康メルマガへのお誘いです^^下からどうぞ ↓ ↓

↑ ↑ コチラからどうぞ!! ↑ ↑

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

  私の健康メルマガ登録はこちらから!

↓ ↓ ↓
メルマガ登録
2018年10月
« 9月    
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031  

analitics