あなたは洗脳されている!テレビも医者も栄養士も馬鹿ばかり!医者に殺される前に読んだあなたはラッキーです。西洋医学があなたを騙し、東洋医学があなたを救う!

船越康弘さん 1日30品目食べなくていい!長寿日本一だった沖縄が一気に26位になった理由とは!?

   1日30品目食べなくていい part3 船越さん 17:41

今回は、自然食料理人、岡山は吉備高原にある宿、WaRa倶楽無のオーナーでもある、船越康弘さんに、お話を伺っています。まゆともトーク、with船越康弘さん。パート3です。

船越ー こんなに医療が発達したのに、病人は増える一方です。あったり前ですよね、体をつくる原料が間違ってんだもん。それと、減ることは絶対ないです。絶対ないです。何故かと言うと、医療費じゃないんですよ。2015y12m17d_005712612

医療産業の売上ですから。医療産業の売上が、政治家を支えてるわけですから。だから政治家は、それを下げようと思わなくて、何するかっていうと、もういまやってることと一緒。下がらないんだから、消費税上げてもっと取ろう、と言ってるんです。あ、鉄欠乏性貧血です、鉄剤飲みなさい鉄剤飲みなさい、いりません。水と玄米、それだけだよ。

まゆともー 30品目食べろとか言われてきたじゃないですか。

船越ー うそですよ。

まゆともー 大嘘!2015y12m17d_005714271

船越ー だって、嘘ですよというのをもう、日本が証明したじゃないですか。西暦2000年、平成12、12年3月24日、一日三十数種類の栄養素、肉卵牛乳食べなさいっていうのは、日本人の健康のための食生活10項目指針、というのがあるんですけども、それは、厚生省だとか農水省が言ってるのではなくて、内閣閣議決定ですから、もっと上の方。で、日本人の健康のために一日三十数種類の栄養素肉卵、ずっと言ってきたんだけど、それは大きな間違いだったっていうのを、それこそ、アメリカが証明してくれたんです。

まゆともー おお。

船越ー 一番最初に証明したのが、130年ぐらい前の、ドクタープライスという人が、世界中調べて、ちょうどその頃、特にアメリカで、インディアン達が、ある年齢から以下の子どもたちが、がくっと不健康になった。おんなじ兄弟も。なんでかって調べたらある結論に達したんですけども、フィールドワークする方なので、一部族だけではだめだってので、なんと、その後60歳を過ぎてから、世界30万キロ、フィールドワークに行くわけですよ。30部族調べるんです。2015y12m17d_005702465

で、出た結論が一個。近代食食べ始めた瞬間にそうなった。全世界同じ。近代食を食べ始めたってのはどういうことかっていうと、今まで、その部族は、伝統食しか食べてなかったわけですよ。ところが缶詰を食べるようんなった西洋からきたパンを食べるようになったハムを食べるようになったソーセージを食べるようになった。そしたら一気に不健康になった。

で、そのあとアメリカは、その戦争に勝って俺ら世界一や、その栄養学を信じてたから、タンパク、プロテインがいるんだ、カルシウム、牛乳のカルシウムがいるんだ、っていって、どんどん言ってきたんだけど、もう、めっちゃ病気が増えたわけですよ。

それで1977年、当時のニクソン政権が、このままでは大変なことになる、マクガバン上院議員を中心に、この原因と対策を考えようっていって、国家プロジェクトで、その当時いまから37年前に、150奥の巨費を投じて2年間かけて全世界の栄養学だ生理学だ、調べに調べて、しかも150年、アメリカの、病人の、全国民の、基礎データを全部引っ張りだして、もう、これでもかというぐらい、世界一の調査をしたんです。5000ページにも及ぶレポートを出したんですけどアメリカにこんなもん、5000ページも読めっつうのは無理なんで、3つにまとめたんですよ。マクガバンレポート。2015y12m17d_005706819

でその3つにまとめたのはなにかっていうと、第一番、原因ですよね。今アメリカはこのような病人大国になって、病気で滅んでしまいそうになったのは、原因は一つだけだと。食源病である。食べ物が原因の病気である。

で、二番目、その具体的な原因は何か。肉、卵、牛乳、特に牛乳が最悪だ。肉、卵、牛乳の動物性タンパク及び動物性脂肪の過剰摂取が、いまのこのような状態をまねいたんだ、と。で、それを治すためには穀物を中心にした穀物菜食が最高の食生活だ。で、そっから、一日5皿運動ってのが始まってくんです。一日5皿、野菜と果物、野菜と果物。食べろと。で、その後三番目は何かというと、今のままの医学では絶対に病人は減らない。

何故ならば、今の医学は、病気になった人を治すだけ。減るはずがない。病気になった人を治すだけだから、減るはずがない。そんなこともわからんのバカタレって言いたいですけど。ね。150億もかけてアホかって言いたいけど。で。だから、よって、これから、医学部の学生に、栄養学を勉強させなきゃいけない。ですからアメリカはそれ以降、医学部で医者になるための資格に、40時間の栄養学を履修しなきゃいけない、っていうふうになったんです。日本は未だにゼロ。

その時にでた結論が、世界中で最も優秀な食生活はJapanese food。ナンバーワン。っていう結論が出た。それが1977年。その1977年にそれが出たにも関わらず、今、一日三十数種類栄養素肉卵牛乳って言ってたのを明文化しようって日本政府が、1985年、だから1977年から8年後に、一日三十数種類の栄養素肉卵牛乳とりましょうというのを、文章化したんですよ。アホとしか言い様がないですよね。

コーネル大学のコリン・キャンベル博士という人が、中心になって、せっかくマクガバン報告が出たのに、アメリカ全然変わんねえじゃん、で、その今度は、アメリカだけではなくて全世界的に調査しようということでオックスフォード大学、コーネル大学、中国予防医科大学で協力して、最初全世界でやったんですけども、そん時はその、遺伝子のプロファイルが違うとこでやっても効果ないじゃんっていうことで、中国。中国の民はほぼ漢民族。それを65の州に分けて、1ブロックあたり100人を日ピックアップして、7年間追加調査をしたんです。で、これを中国でやったのでチャイナ・スタディ

で、このチャイナ・スタディは、人類が過去行った、もっとも信頼できる、しかも大規模な免疫学調査だと言われてます。このチャイナ・スタディがだした結論が4つ。何かって言うと、一つ目は、野菜の量が多ければ多いほど健康によい。野菜をようけ食っときゃ健康に言い、長生きするってことですね。二つ目。野菜の種類が多ければ多いほど、体に良くて、野菜の種類が多ければ、動物性タンパクに頼る必要は一切なし。日本だったら今日食べて貰ったように何種類あるんやろというぐらい、もう、春夏秋冬食べる。だからたくさんの種類の野菜を食べていれば、全く心配ないんですよ。動物性タンパクに頼る必要ないですよ。三つ目。もう、どんなこと言うのかな思ったら、馬鹿みたいなことしか言わないんです。なんて言ったか。地産地消程よい。当たり前ぇの話だで。で、四番目。もっとバカバカしいこと。加工の度合いが低ければ低いほど健康によい。当たり前じゃん。その、世界一、7年もかけて出した結論がそういうことだ。

結局はもう、伝統食以外にない。粗食そして、動物性タンパク動物性脂肪をとらない。で、野菜を中心に穀物を。もうほぼマクガバン報告と同じ。それをもっと正確に裏付けたのがチャイナ・スタディ。で、世界でそうなって、それで1990年から1997年、7年にかけて大規模な調査が出てその結果が出たんで、さすがに日本政府も、そりゃあ、ここまで出たら、一日三十数種類の栄養素肉卵なんか言うとったら、世界に、馬鹿にされるなっていうところで、西暦2000年、平成12年3月24日の内閣閣議決定で、これまで基本方針だった、50年も60年も基本方針だった、

一日三十数種類の栄養素肉卵牛乳、日本人の食生活10項目指針一覧。で、10項目あるんだからあと9項目あるんだけど、日本人だれもあとの9項目知らないんです。それくらいこの一日三十数種類の栄養素肉卵牛乳が大事だったわけですよ。お題目の、メインで一日三十数種類の栄養素肉卵牛乳ってのが、降ろされて、そのかわりに、何が入ったか。びっくり。お米など穀物をしっかり食べましょう。うっそ、なんじゃそりゃ、と。今までこれ米ダメだ米だめだ、米食べたら糖尿病になる、アレが悪いコレが悪いって言ってたのが、ころっと変わった。

日本人でその、食生活指針が変わったのを知ってる人、ほとんどいない。私なんか時々、え、知らないでしょ、知らないでしょ。13年前にもう、無いんですよ。無いのに、だから、現時点で一日三十数種類の栄養素肉卵牛乳食べましょうということに対して責任をもってすすめてる行政機関は、ゼロ。ということです。条例というか、方針を変えたのに、発表しないんですよ。

まゆともー メモが回ってません。

船越ー  一応回ってんですよ。

まゆともー あ、回ってるんですか、すいません。

船越ー 全部の保健所、全部の医療機関。歯医者さんに至るまで、全医療機関にパンフレット回してますけども、変わりましたと言って回してない。黙って回したんです。そしたら、ふーん、ってこう、見るけど、興味のねえ人は見ないわけですよ。

まゆともー ガツンとこないですよね。

船越ー 私らの、その、友達の人達は、おお、これこれ、来た、ついに来た、っちゅうて世の中変わるか思ったら誰も変わらないんすよ。なんでかっていうと、今の、特に日本の役人は、絶対に責任取りません。だから、お前らが言うたからこんなもん食べてきとったのに、どないしてくれんねん、って言ったら、訴訟が起こるでしょ。責任取らないんです。基本的に。だけど、このままだったら、メタボ増えるし、医療費上がるし、大変なことになるから、こっそり。こそー、こそー。

まゆともー なるほど。

船越ー こそーっと出してるから、末端の、各市町村の栄養士さんとこまで行ってません。だけど、配布してるので、そういうこっちゃねんって言ったら、ちゃんと配布してるのを勉強してない栄養士が、現場が悪いんだと、逃げ道ちゃんと作ってるわけです。大転換が起こったんだったら、マスコミが、言うべきでしょ。マスコミは絶対に言いません。なんでかってったら、テレビつけてください。

コマーシャルの7、8割は、もう、粗食にして、ご飯と漬物と味噌汁だけでいいよってったら、もう、テレビ存在しないわけですから、マスコミの、その、スポンサー、いなくなるので、だからね、そこに頭にきてもしゃあないんですよ。だから、知らなかったのは私らが悪いわけですから。

今だったらちょっと調べりゃそんなこと山ほど書いてあるし、例えば世界中の人たちはどういうものを食べてどうしたらいいか。例えばその、トム・クルーズもニコール・キッドマンもそんなことはちゃんとわかってるから玄米食ってるわけですよ。

もう、常識なわけですよ、その、いわゆるその、エクゼクティブだとか、その、最先端のことをちょっと考えてる人たちは、も、それが当たり前。いや、まだ肉食ってんのー。びっくりですよね。まだ、脂肪食ってんの。えー、化石ちゃいます、という感じですよね。そのレベル、っちゅう。

あの、チャイナ・スタディに頼るまでもなく日本ではもう、何十年も前から戦後すぐにそれはもう、データとして出てるわけですよ。例えば、日本で一番の長寿村つうのは、ゆずりはらだって。ご存知ですか。

山梨県にあるんですけども。陸の孤島。だから、そこにあるもんしか食わない。だからもうみんな長生き。ところが、ゆずりはらがね、昭和35、6年、40年代にかけて、できた造語があるんです。逆さ仏。で、一気に、ゆずりはらの長寿がガクンと落ちたのが、ターニングポイントが、昭和29年。何が起こったかって言うと昭和29年に、ゆずりはらに、どでかい道がドーンとついたんです。

道がついたらトラックやバスや車が何を運んでくるか。今までゆずりはらの人が食べたこともないバターにチーズに、ハム、ソーセージに、牛乳。それで、若い人は食べる。だけど、年寄りはもう今さら、食べないじゃない、そんなもん。どうするかってと5年後には、年寄りは食べないから健康なんだけど、若い人達がどんどんどんどん高脂血症だ高血圧だになっていくわけですよ。

あちゃあ、ということになって、で、それでもそのまま食べ続けていったから、若い人が先に死んで、それで逆さ仏。で、これは大変だっていうので、日本中の、医者とか、衛生学者が、ゆずりはらに、なんで長寿村だったゆずりはらが、こんななたのか、って。ゆずりはら短命化の秘密、短命化の理由という本が、いっぱい出てます。研究者が言ってることは全部一個です。人間の寿命は、食べた野菜の量に比例する。チャイナ・スタディと一緒。野菜の量が増えれば増えるほど健康によい、そんなものね、もう日本では50年も前に言ってたわけですよ。

そのあと、東北大学の近藤正二先生という方がですね、昭和10年から昭和45年、35年かけて、日本全土を回ったんですよ。20キロのリュックさげて、35年間。もうアホとしか言いようがないですよね。これは、世界に類を見ない、フィールドワークの金字塔ですよね。

その近藤正二先生が、35年かけて990箇所の、長寿短命村の地図を描いてなぜそうなったのかっていうのを、結論付けてます。すべての長寿村は、白米を食べてなかった。玄米もしくは雑穀。それがほとんど主食だった。二番目が、芋を食べとった。それから、豆を山ほど食べとった。

それから、野菜をいっぱい食べてた。それからごまをいっぱい食べてた。海藻いっぱい食べてた。この6つ。要するに日本の伝統色食ってたっちゅことでしょ。菜食しとったってこと、楽勝なことを、そんなこと、昭和35年、だから、チャイナ・スタディが言ってたこと、全く。それを、チャイナ・スタディ?調べても、近藤正二、とかそんなもん。要するに、我々の欲とか、いうことを考えた時に、それはほとんど意味が無いと。儲けにならない。欲望からすれば、だからもう、完全にもみ消された。

そのつぎに、もっとおもろいデータがあるんですよ。大正15年から、日本は、平均寿命を調べたんです。調べてて、ずっとデータが有るんです。

で、大正15年から昭和40年、50年のはじめまで、男女とも、日本一の長寿県、不動の長寿県だったのは、どこか知ってます?沖縄。もうずーっと日本一だった、沖縄イコール長寿県だったんですよね。26位に落ちたんですよ。

で、私、そんな、2位とか3位んなったんなら、えー、っていうけど、26位まで落ちたので、こりゃあ、なんちゅうこった、また日本中の栄養学者生理学者、医者だとかが、ドッと調べに行ったの。何で沖縄だから、26位になった時のことを、沖縄ショックっていうんです。沖縄ショックっていうんですけど。何でそうなったかっていうのは、全員が同じ統一見解。またこれもおんなじ見解出たんですよ。

例えばね、沖縄というと、どういうイメージがあるかというと南国でしょ。だからね、2月でも桜が咲いてるんです。ということは、一年中、青い野菜があるということです。周りを海に囲まれてるので、魚をいっぱい食べれる。それともう一つ。沖縄というと日本人みんながイメージすることが、トロピカルフルーツ。で、全員が行って調べたら、そんな沖縄が、どういう結果が出たかっていうと、

野菜の消費量。緑黄色野菜の消費量は、日本全土で、36位。野菜全部でいうと最下位。最下位ですよ。で、魚を食べる量。最下位。あれだけ周りが海なのに。もっとびっくり。フルーツの消費量、最下位。で、ナンバーワンが何かっていうと、肉。で、沖縄というと、豚と思うんですけども、豚の消費は少ないんです。

何が圧倒的に多いかっていうと、牛肉。ものすごい大量のステーキを食べる。それと、もう一個、ダントツ日本一があるんですよ。フライドチキンの、食べる量。要するに、沖縄の食卓、普通こうやって食事するじゃないですか。その普通のおかずの他に、1パック、ボーンと間にあるんですって。だからこう、なんというか、それが、もう我々で言ったら漬物みたいなもんですよね。だから、フライドチキンの消費量、もう日本一。で、もっと、ダントツ。も、他の県の追随を一切許さない、何十倍もある消費量があるんですよ。何か。コンビーフ。

まゆともー コンビーフ?

船瀬ー 沖縄には、なんでかってったら、沖縄は早くにアメリカに占領されてる上に、アメリカの国として何十年も歩んだわけですよ。そしたらその、ね。だから、いかにアメリカと同じような栄養学の考え方、アメリカと同じような食事のしかたっていうのがもう、定着してしまったか。

沖縄が、長寿日本一だったのが一気に26位になったのは、野菜、海藻、魚、フルーツ、を食べなくなって、肉を大量に大量に食べるようになったからだ。結論そのひとつ。ここで言いたいのは、沖縄がそうなったということは、今日本全土みて、沖縄だけですか、って言いたい。日本中が、いま、子どもたちがマクドナルドのハンバーガーにサーティワンのアイスクリームに、ケンタッキーフライドチキン、もう沖縄に追随するのはもう、目に見えてる。だからもう、日本中がそうなっていくっていうのはもう、明らかなんです。


このブログの著者はこちら!フォロー大歓迎です^^♫
↓ ↓ ↓
やすボーイ
★私のプロフィール:松本 康男(やすボーイ)大阪在住のフリープログラマー。ちょっとしたことから体調を壊してしまい・・ずっと治らない日々が続く。そんな中、奇跡的に日本一の中医学の先生に出会う。その情報を元に「東洋医学健康アドバイザー」としてFBで情報発信すると、またたく間に大人気に!!お友達5000人フォロワー数10,750人・さらには、Facebook日本人気ユーザーランキング280位に至る!TV・マスコミ・新聞などの歪んだ噓の情報ではなく、真実の情報をあなたにお伝えしています。

本当の情報を知りたい人だけ、こちらから私のFBをフォローして下さい
フォローはこちら!

Instagramのフォローはこちらできます。
こちらから!

★facebookやtwitterでのシェアやRTも大歓迎です^^♫

Share on Facebook Share on Twitter
このブログや記事に共感してくれたあなたへ^^
私の無料健康メルマガへのお誘いです^^下からどうぞ ↓ ↓

↑ ↑ コチラからどうぞ!! ↑ ↑

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

  私の健康メルマガ登録はこちらから!

↓ ↓ ↓
メルマガ登録
2018年10月
« 9月    
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031  

analitics